Chiffon21&23 Information



Chiffon21&23のデザインには7つの理由があります。


Chiffon21&23

エクボマークとヒップアップグリップが特徴のChiffon21&23の7つのDesign

R1大切な型を傷付けないように先端を僅かにカットしてあります。

R2外型入刀のときに大切な型を傷付けないように入刀しやすい曲線の先端形状です。

R3型に沿った合理的な直線刃形状。Chiffon21&23はとても丈夫な鋼で造られていますが、研ぎ直しが何れ必要になるため研ぎ代を多く取っています。また刃は大切な型を傷つけないように僅かに面取りされています。切れ味と型を傷つけない相反する高度な刃研磨は研ぎ師の腕の見せ所です。タケフナイフビレッジの伝統工芸士がChiffon21&23の刃研磨と研ぎ直しを行っています。

*伝統工芸士:十数年以上、または産地によっては20年以上一つの技に磨きを掛け国の資格審査で認められたものだけに与えられる

国家資格。ドイツのマイスター制度の日本版と言える。

R4Chiffon21&23のグリップは角のない丸みのある形状ですが、多くのシフォニストのアドバイスでグリップ根元を使うときの

指を安定させるために、この部分だけはフラットな面にしました。

R5Chiffon21&23を特徴づける親指を安定させるためのエクボマーク

R6グリップサイズは一般社団法人:人間生活工学研究センターの2,000人のデータに基づいています。

R7Chiffon21&23の薄形グリップは調理台に置かれた状態では掴み難い、取り難いと言ったシフォニストの声を受けて

グリップを持ち上げて掴みやすいヒップアップデザインを採用しました。また、テニスグリップエンドのような抜け止めの効果もあります。

またChiffon21&23には右利き用左利き用があります。通常は作り手の都合などもあり左右どちらでも使えるものが多いですが

左利きの型抜きにも真摯に拘った結果、Chiffon21&23アンシンメトリー(非対称)のデザインになりました。

重 量ほぼ110gで標準的なペティナイフに合わせました。

素 材ブレードは硬い鋼を柔らかい素材で挟んだ三層鋼と呼ばれる刃材です。

   グリップはステンレスSUS304で鋳込みによく使われる錆びにくい素材です。

厚 さ:第一世代は2.5mm 第二世代と第二世代リピートは2.0mmです。


Chiffon23

用 途:シフォンケーキ型抜き・ケーキカッティング

素 材:ブレード三層鋼(V10) グリップ(ステンレス)

規 格:重さ114g ブレード厚さ2.0mm

Chiffon21

用 途:シフォンケーキ型抜き・ケーキカッティング

素 材:ブレード三層鋼(V10) グリップ(ステンレス) 

規 格:重さ106g ブレード厚さ2.0mm

 


Chiffon21&23誕生物語

2014切っ掛けはsnowcafeオーナ渡邊さんが個人で使っていたシフォンケーキ型抜きナイフのアップグレードと商品化を越前打刃物TakefuKnifeVillageに持ち掛けたのが事の始まりです。

2014-2016其のころTakefuKnifeVillageと20年来の付き合いの、ものづくり研究者でプロダクトデザイナーの私(大久保)は

新たな伝統工芸品のブランディングと起業を考えていました。

そんな折にTakefuKnifeVillageの声掛けで渡邊さんと出会いがありトントン拍子で商品化の話が進みました。

2015snowcafe焙煎工房開業

工学博士の渡邊さんは流体力学の知識や完璧主義のキャラを十二分に発揮して、シフォニストの間では作品のクオリティーの高さで全国的にも名の知れた存在でした。そんな渡邊さんの元に身近に技を得ようと全国のシフォニストが越前織田の地へ訪ねて来ました。

そんな中、私は千載一遇のチャンスとばかりに、全国のシフォニスト十数名に商品開発の協力を投げ掛け快諾していただきました。

商品開発の協力は何か?と言えば主に使い勝手など手に取りやすいシフォンケーキナイフの辛口コメントです。

私は研究機関で1990年から3Dプリンター(当時はラピッドプロトタイピングと呼んでいました)とデザイン開発のシステム研究に取り組んで来たのでプロトタイプ(試作)を素早く(ラピッド)作るのはお手のものです。

全国のシフォニストにシフォンケーキナイフのプロトタイプ(試作品)を送り付け、ピリオドの無い辛口コメントの往復書簡で使いやすさ・加工性・コスト分析・サプライチェーンの選定などに1年チョットやりとりが続きました。

2016/4伝統工芸士研ぎ職人の戸谷さんの協力を得て、あれやこれやでシフォンケーキナイフの商品化・事業化に目途が付き2016年4月にCLASIMONsの名前でスタートすることになりました。

因みにCLASIMONsのネーミングは【暮らしに供するもの達】の造語ですが、長ったらしくて覚えにくいとかクマモンみたいで可愛いネとかSIMONsがおフランスぽっくておしゃれネとか不評好評が入り混じったほろ苦いネーミングデビューになりました。

因みに商品名は渡邊さんの提案でChiffon21

そもそも21の型ってあるの?・・・・世の中には無いオリジナルの意味と勝手に受け取りChiffon21でデビューすることになりました。

2016/5

Chifffon21&23意匠登録  

CLASIMONs商標登録

2017/9全国の伝統産品の中からChiffon21&23NipponQuality2017に選定され東京ビッグサイトに出展

2019CLASIMONsのスタートから3年目に感謝プレゼントキャンペーン

Chffon21&23を始め桐箱やsnowcafeのシフォンケーキなど、多くのシフォニストにご応募いただきました。

 

 

 

2019/11ChiffonistsMeeting2019を東京・南青山のふくい南青山291で開催しました。

(snowcafe主催・協力協賛CLASIMONs&TakefuKnifeVillage)

全国から40数名のシフォニストに参加していただき好評のうちに無事終えることができました。

 

 

2016-2020初年度はITベンチャー起業につきものの「死の谷」を予感しましたが、

アナログなCLASIMONsには縁のない危惧でした。

起業からほぼ5年程になりますが、おかげ様で多くのシフォニストに愛用して頂いています。

最近ではよく似た商品も出回り始めてChiffon21&23が評価されているように実感します。 

 

 

福井県には越前漆器、越前和紙、越前打刃物、越前箪笥、越前焼、若狭塗箸、若狭めのう細工の7つの経済産業大臣指定の伝統工芸品があります。 そのうちMAPのように丹南地域に5つの伝統工芸品が集積しています。


Chiffonists VOICE

Chiffon21&23使用感などの声をお寄せください。


Chiffonists Gallery

シフォニストの情報共有を目的にシフォニストギャラリーをInstagramに開設しました。現在までに2,000近い投稿を頂いています。関心のある方は

@clasimons_chiffon21をご覧ください。

2016年にスタートアップした当初の#シフォンケーキのInstagram検索数は450,000程でしたが、直近のシフォンケーキの検索数は1,050,000程で倍以上の検索数でシフォンケーキの人気の高さを表しています。また#chiffon21の検索数は5,000程で多くのシフォニストが関心を寄せていただいているのを実感しています。

このChiffon21&23ページの最下部にInstagramの最新投稿がありますので関心のある方はご覧ください。

またInstagram画像のアカウントタグをクリックするとシフォニストのInstagramを訪問することができます。

*画像内のシアンカラーロゴはシフォニストのアカウント名です。

*このページのChiffonistsGallery画像はInstagramのスクリーンショットですのでアカウントタグはありません。

*Instagramは最下部ページをご覧ください。

*Instagramのclasimons_chiffon21または私のフェイスアイコンをワンタッチするとシフォニストギャラリーを観ることができます。

*シフォニストのrepost画像は許可を頂いて掲載しています。

*シフォニストのrepost画像はアルファベット順で掲載していますが、ホームページサイト容量の制限で全てのシフォニストを掲載出来ないかもしれませんが

ご了承ください。

*シフォニストのrepost画像は3枚毎にご紹介しています。


Chiffon21&23の実現に関わった面々です。


CLASIMONs

京都烏丸通りコクーンビル1FのAURAshopでCLASIMONsの作品展風景

snowcafe

2015年にオープンのsnowcafe焙煎工房

レトロな中にも優雅さを兼ねたシフォンケーキが評判の、渡邊さん自らインテリアデザインを手掛けたcoffeeshop。

自慢のシフォンケーキやスタッフの平井さんが淹れるコーヒも人気で県内人気coffeeshopBEST10にランクイン

ふくい南青山291でChiffonistsMeeting2019レクチャー中の

snow cafe代表の渡邊さん

TakefuKnifeVillage

TakefuKnifeVillage新工房の前で

千年工芸祭に参加協力して頂いている

トップモデルで活躍中の森ひかるさん達と

談笑中の千年工芸祭実行委員長

Sharpening four代表の戸谷さん